草雲雀 くさひばりの鳴き声

山田緑地にいた、草ヒバリという、優雅な名前の虫の声をUPしました。始めての動画投稿なのですが、
画像は、虫かごを映していても草ヒバリは、映っていません。。。

草ひばりは、とても小さな虫です。
体長6~8ミリくらい、こんなに小さな虫が、体育館のように広い、山田緑地の建物の中で、歌声を響かせています。
蝉にしても、秋の虫にしても、たいしたものだなぁと感心してしまいます。

草ひばりの鳴き声
このリンクをクリックすると、youtubeページで視聴できます。興味のあるかたはぜひ!!
ページが殺風景なので、本日撮影した、葉っぱモビールも掲載しておきます。

取れたて柿の葉モビールなどなど
取れたて柿の葉モビールなどなど

ついでの追伸

草雲雀やカネタタキという名前は、どちらも、小さな秋の虫の名前です。
「チチチチ…」と鳴く草ヒバリ、「チン・チン・チン」と鳴くカネタタキ
どちらも、ものすごく身近な虫で、庭から聞こえてくると、とても癒されます。

それにしても、この虫たちの声は、体の大きさからは、信じられないくらい
大きな音を出しています。体長7ミリ前後の体なのですから、人に置き換えてみると
オペラ歌手よりずっと力づよく、長い時間歌っているといえるのでは、ないでしょうか。

その全霊をかけた歌声をタダで毎日聴けるのですから、実にありがたいと思う秋の夜長
です。
ちなみに10月の個展では、草雲雀やカネタタキも登場させますので、楽しみにしてもらえると
恐悦至極です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です